第一線の採用担当者と人材アナリスト

Case Study

距離指定による人材検索で、候補者を素早く絞り込む

第一線の採用担当者と人材アナリストはより正確な人材検索を必要としていました。何百万人もの登録人材の検索と、職場からの距離を指定した検索(ある都市から特定の距離内に在住する候補者)も求めていました。

業種と用途:

人材紹介、タレントマッチング

加速したワークフロー手順:

求人情報に基づく人材マッチング

問題:第一線の採用担当者と人材アナリストは、求人成約件数に基づいて報酬が支給されます。業績を向上させるには、彼らのタレントアクイジションソリューション「Jobscience」で得られる結果よりも精度の高い候補者検索を必要としていました。何百万人もの登録人材が検索でき、職場からの距離を指定した検索(ある都市からの特定距離範囲内に在住する候補者の絞り込み)も求めていました。

ソリューション:KonaSearchは、大規模な検索対象に対してもミリ秒単位で検索結果を返し、オブジェクト間の関係性を活用した高い検索精度を実現しました。例えば、KonaSearchは、人材の連絡先を学歴と合わせて検索できます。採用担当者向けにカスタマイズしたKonaSearch検索ページでは、求人票と同じ体裁で属性情報を入力することで、人材を検索できます。

  • ツリー構造で体系化された仕事のスキルに基づきフィルターをかける
  • 履歴書を候補者のレコードの一部として検索する
  • すべての検索で正確な結果カウントを表示する
  • 検索クエリを保存・共有する
  • 距離を指定して検索を実行する(KonaSearch側で、英国/米国郵政公社のデータをもとに、郵便番号を地理座標にマッピングしたインデックスを作成)
  • より高速で検索精度の高い検索を提供する
  • ディープディスカバリー検索を実行し、離職の根本原因を推定するため、歴史的傾向を探し出す

また、検索クエリを保存・共有する機能によって、採用担当者が検索パラメーターを常に調整する必要がなくなりました。求人成約まで同じ検索を何度でも再実行したり、頻繁に実行する人材検索パターンを検索クエリとして同僚と共有したりできます。

インパクト:求人情報に基づき最適な候補者を効率的に検索する手段を得ることにより、採用担当者が処理する1日当たりのマッチング件数が増大しました。また、せっかく選別した候補者を、居住地の問題で除外しなければならなくなる心配が無くなりました。